二重になるプチ整形の埋没法

二重手術にはメスを使う切開法とメスを使わない埋没法があります。
その中でも低料金で比較的手軽にできるのが埋没法。

埋没法は、その名の通りかなり細い糸をまぶたに埋め込んで二重を作ります。
埋め込んだ糸を細い糸で1箇所~数箇所留めて糸を固定します。

‐埋没法の値段は?‐

クリニックによってかなり幅があります。初回割引などを導入しているクリニックもあるので調べてみましょう。
6万円~20万円くらいで、糸を留める数によっても変動します。
だいたい2点留めで10万円くらいが相場だといえます。

‐埋没法のメリット・デメリットは?‐

【メリット】
・気に入らない二重になったときはやり直しがきく
・低料金
・手術の時間は5分~10分程度ですぐ終わる
・腫れや痛み、が少ない
・自然な仕上がりでバレにくい
・出血はほとんどなく、傷が残らない

【デメリット】
・留めている箇所がとれてしまうと元に戻ってしまう

‐埋没法に向いている人・向かない人‐

【向いている人】
・まぶたの薄い人
・幅が狭めのナチュラルな二重になりたい人
・状況によっては元に戻したいと思っている人
・低料金で受けたい人
・メスを入れるのが不安な人

【向いていない人】
・腫れぼったい目の人(糸を埋めるだけなので腫れぼったさはそのまま)
・眼瞼下垂症の人
・元に戻すことがなく、ずっと二重をキープしたい人

‐ふたえちゃんメモφ(・ω・。*)‐

低料金で、メスも使わないし、入院の必要もないから、初めて整形手術をする人にも受けやすいんじゃないかしら。
コンタクトやメイクも手術の翌日からできるみたいだし、長く休みをとることができない人にもおすすめね。
とれてしまう心配がある、といっても、二重の幅を広くしすぎたり、無理なことを
しない限りはとれる心配もそれほどないみたい。
でも、医師の腕によって差がでやすいみたいだから、クリニック選びは慎重にね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る