二重まぶた定着のためのテクニックとは

アイプチ・アイテープ・メザイクで簡単に二重が定着したという人もいれば、全く二重が定着しない!という人もいます。
二重が定着しやすい、しにくいといった差はどうして生まれるのでしょうか?

‐二重まぶたが定着しやすい人‐

・まぶたの脂肪が少ない人
・奥二重の人
・自然な位置で二重のラインをとっている人

こういうまぶたの人はアイプチなどで
クセがつきやすく、定着するのも早いです。

‐二重まぶたが定着しにくい人‐

・まぶたの脂肪が多い人
・一重の人
・作る二重のラインが広すぎる人

これはあくまで「定着しにくい」ということであって
二重にならない人というわけではありません。
二重が定着にしにくい人でもちゃんと根気よく
続けていれば二重は定着してきます。

ただ、やっぱり二重が定着しやすい人よりは
工夫が必要になります。

【まぶたの脂肪を落とそう!】
まぶたが分厚かったり、腫れぼったく見える人は
もともとまぶたの脂肪が多いんです。

だから二重を作ろうとしても脂肪が
跳ね返してしまい、なかなか定着しません。

まずはマッサージやエクササイズ、蒸しタオルなどで
まぶたの血行を促し、まぶたの脂肪を燃焼させましょう。

【自然な二重のラインをクセ付けよう!】
目を大きく見せたいからと、二重幅を欲張って広くとろうとするのはNG。

クセが定着しにくく、場合によっては
不自然な印象を与えてしまうことも。

目を思いっきり大きくカッと見開いて、ゆっくり眉毛を
下ろしてくると自然とできるラインがあなたの二重ライン。

重めのまぶたの人で、この時二重ラインができない場合は
目を大きく見開いた状態でまぶたの端の窪んでいる箇所に
ヘアピンなどを押し当ててゆっくり眉毛をおろしてみましょう。

毎日、脂肪を落とすためのマッサージやラインのクセ付けを
行うことでかなり変わってきます。
夜にこれらをしておくだけで、翌日アイプチ・アイテープ・メザイクなどの
二重アイテムの持ちもよくなります。
二重アイテムの持ちが良くなる、ということは二重も定着しやすいってことですね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る