最近二重まぶたになって頭が痛い眼科にいくべき?

加齢とともに顔にしわができたりたるんでくるのと
同時にまぶたも下がってきます。
これは仕方がないことではありますが、中には
病気がひそんでいることもあるんです。

それが眼瞼下垂。
一度、眼科に行って、目の病気がないか
検査してもらいましょう。

眼瞼下垂とは、まぶたが下がり、肩こりや頭痛を伴ったり
眼精疲労、目の不快感を引き起こす病気です。

ひどくなってくると左右の目のバランスが悪くなったり
視界が悪くなり、見えにくくなります。
生まれつきの眼瞼下垂の人もいますが、生活習慣などで
後天的にこの病気になる人が近年増えています。

‐眼瞼下垂になるとどうなる?‐

・まぶたが重くなる
・まぶたが開きにくくなる
・眼精疲労、肩こり、頭痛がひどくなる
・まぶたが垂れ下がり二重になるが、目が小さく見えたり
左右で大きさが変わってしまう

‐こんな人は要注意。眼瞼下垂チェック‐

・まぶたが重い
・肩こりや頭痛がひどい
・目をよくこする
・一重だったのが二重、三重になった
・目が疲れやすい
・目の奥に痛みを感じる
・上のまぶたがくぼんでいる
・目を開くときにおでこに力が入ってしまう
・ハードタイプのコンタクトレンズを長年使用している
・パソコンを長時間使っている

‐眼瞼下垂は加齢だけが原因ではない‐

まぶたが垂れ下がってくると聞くと、年配の方の病気のように
聞こえますが、年齢は関係ありません。

ハードコンタクトを長年使用していたり、アイメイクをゴシゴシとこすって
落としていたり、花粉症などで目をこすってしまったりすることも原因となっています。

‐眼瞼下垂の治療法‐

眼瞼下垂の治療は形成外科、美容外科で行っています。
まぶたの皮膚を切開して縫合する手術が一般的ですが、最近では
ダウンタイムが短く、費用も安い埋没式の手術を行っている病院も多いようです。

病院によって、また個人の症状によって手術方法は
異なりますので、しっかりカウンセリングを受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る